PAGE TOP

facebook twitter
名古屋・栄に店を構えて65年。 高級洋装店「舶来の店 パリー」オーナーの“パリーさん”は今年90歳を迎える現役の服飾デザイナー

TEXT : 谷 亜由子

2017.09.26

「ウールはイギリス製、シルクはイタリーのものが一番ね。このレースも素晴らしいでしょう?レースはフランスで、丁寧な刺しゅうはスイス製・・・。ここに並んでいるのはどれも最高の品質なの。」

アトリエも兼ねた店内に設えられたガラスケースには、一目で高級素材とわかる服地が並ぶ。すべて世界の国々から丁寧に選び輸入した舶来の生地ばかり。それらにそっと手を添え、愛おしそうに見つめるパリーさんの眼差し。さりげない所作のひとつひとつが、長年ファッションという華やかな世界に身を置いてきた女性らしく、とてもエレガントだ。
そんなパリーさんは、戦後の名古屋で服飾デザイナーとして第一線で活躍しながら、今日まで栄の街の移り変わりを静かに見守り続けてきた人でもある。

 

 

21歳から洋裁学校に通い服飾デザインを学んだ。洋装店を営むご主人のもとに嫁いだのは26歳の時。昭和20年代、栄交差点の近くにあったという「丸武百貨店」の一角に、いまは亡きご主人が開いた小さな洋装店が「舶来の店 パリー」のはじまり。
当時、「若いうちにデザイナーとして本場の技術を身につけなさい」というご主人のすすめで、二人の幼子をご主人に託し、一大決心をして単身でパリに留学。その後、現在の場所に晴れて“自分の城”である現在のお店をオープンさせた。それがいまから45年程前のこと。

「そのころ全国に5つの支部を持つ日本デザイナークラブというものがあって、その中部支部が主催する、年に二回のファッションショーに毎年作品を発表していたの。40年くらい続けたかしらね。ショーの会場は確か文化会館だったと思うわ。」

懐かしそうに昔の記憶を辿るパリーさん。娘の由佳梨さんにもお願いをして、母と娘の思い出話をうかがった。

 

 

由佳梨さん(以下:由)「文化会館というのは今のオアシス21の場所にあった県の施設ね。その頃は県図書館やNHKもそこにあったわね。真ん中に噴水があって、子供だった私は栄公園でよく遊んでいたわ。」

すゞゑさん(以下:す)「まだお店が栄の交差点の近くにあったからね。あなたが小学校に上がる頃のことね。」

「学校が終わった後の遊び場はいつもデパートの中。デパートが閉まると公園に行って遊んで。あの頃ってデパートの閉店時間が夕方の6時だったの!いまでは信じられないほど早いでしょう。でも当時はそれが当たり前。お仕事帰りの人とかゆっくりお買い物する時間もないけれど、みんなどうしてたのかしら。」

「いまと違って栄のデパートへお買い物に行くというのは特別なことだったのよ。お休みの日に家族揃ってお洒落をして出かけるような場所だったのね。」

「栄で生まれて栄で育った私にとってはデパートでさえ日常の遊び場だったけど。あの時代はそうかもしれないわね。あ、でも広小路祭りのときだけは7時まで延長してた!」

す「三越ができる前、オリエンタル中村の時代ね。」

「そう。いまライオンがいるあの角に昔はカンガルーがいて。あのカンガルーに抱きついたりして遊んだわ。」

「あなたはその前の丸武百貨店のことは覚えていないでしょう?」

「覚えてますよ。場所はちょうどいまのラシックのあたり。」

「そうそう。あなた本当によーく覚えてるわねえ。」

「子供の目線で見てたからかしら。それにお母さんはいつも仕事で忙しくて。お店が終わるまで私は家にも帰れない。待たされているあいだ、あのあたりは毎日私の遊び場だったのよ。」

「そうだったわね。けどその丸武さんもわりとすぐになくなっちゃった。あのあたりは戦後はいわゆる進駐軍、外国の兵隊さんたちがいっぱいいたのよ。」

「さすがに終戦直後のことは知らないわ。そういえばあの頃って広小路に屋台がずらりと出ていなかった?」

「そうそう。屋台が出てたわね。食べ物屋さんやらいろいろあって賑わっていたのよ。」

「いろいろ覚えているものね。栄からいまの場所にお店を移転したのは・・・私が中学の二年生から三年生に上がる春休みだったと思う。」

「じゃあ45年くらい前ね。でも私はあまり細かく覚えていない。あの頃はお店の切り盛りだけで精一杯でそれどころじゃなかった。」

「あの頃と今とでは町の様子ががらっと変わったわね。」

「本当ね。移転した時のことでこれだけはよく覚えているんだけど、いよいよ栄を立ち退かなくちゃならなくなって移転先を探して困っているときに、あるお客さまからの紹介でこの場所に決めたでしょう。あの時ね、ここへ引っ越してすぐに、“あらまあ、私はなんてところに来ちゃったのかしら!”って愕然としたのよ。」

「栄と矢場町とではまるで雰囲気が違ってたものね。」

「そうなのよ。松坂屋を境に南側のこの一帯はまだまだ人通りもぐんと少なくてね。小さなお店がちょっと並んでいるだけで、ずいぶんと寂れた雰囲気だったの。それまで賑やかな栄に慣れていたものだから、はじめはなんという田舎に来ちゃったのかしら!って。」

 

1 2

谷 亜由子

WRITER PROFILE

谷 亜由子

放送作家として20年以上にわたり番組制作の現場で活動後、NPO「大ナゴヤ大学」の立ち上げに携わり企画メンバーとして活動。「SOCIAL TOWER PAPER」、「ぶらり港まち新聞」の企画・取材などを担当。地域活性プロジェクトなどの仕事では各地を旅しています。何かの奥に隠れているものを覗くのが好き。蓋のある箱の中身や閉ざされた扉の奥にある空間、カーテンの向こう側の景色が気になります。人の心の奥にある思いや言葉を引き出す取材、インタビューが好きなのもそれと同じなのかもしれません。