やっとかめ文化祭

特別企画

ナゴヤ面影座 第四講 「面影茶会~公武のさかいをまぎらかす~茶席とエバレット・ブラウン氏のスペシャルトーク」×名古屋城 

エバレット・ケネディ・ブラウン
Everett Kennedy Brown 湿板光画家

Pコード: 640-123

湿版光画家エバレット・ブラウンさんの作品を本丸御殿孔雀の間に展示し、「しつらい」としての面影を感じてもらいます。また、名古屋城茶席においては「ふるまい」「もてなし」としての面影茶会、そこでは中世の文化サロンであった「会所」の現代版を目指します。復元された名古屋城本丸から、失われつつある名古屋文化=日本文化を提案します。

日時 11/18(日)
1部 茶席 10:00 ~ / 2部 茶席 10:30 ~
3 部 茶席 11:15 ~ / 4部 茶席 11:45 ~
5 部 茶席 14:45 ~ / 6部 茶席 15:30 ~7 部 茶席 16:00 ~
◎茶席のチケットをお持ちの方のみ、スペシャルトークをお楽しみいただけます。
スペシャルトーク 13:00~14:30(場所|名古屋城本丸御殿 孔雀の間)
場所 名古屋城内 猿面望嶽茶席(集合場所|名古屋城本丸御殿 孔雀の間)
料金 一般 4 ,500円
(名古屋城入場料別途500円、スペシャルトークへの参加費含む)
定員 茶会 各回7名
エバレット・ブラウン面影湿版光画展 ~黒船時代の写真技法で撮る~
開催期間|11/14(水)〜11/21(水) 9:00〜16:30(最終日は16:00まで) ※11/18(日)は除く
場所|名古屋城本丸御殿 孔雀の間 入場無料(名古屋城入場料別途500円)
作座人|番器 小島伸吾 協力|松岡正剛事務所 客人|エバレット・ケネディ・ブラウン
エバレット・ケネディ・ブラウン
Everett Kennedy Brown 湿板光画家

1959年アメリカのワシントン D.C.生まれ。88年に日本に移住。文化庁長官表彰(文化発信部門)受賞者。EPA通信社の日本支局長として活躍後、幕末時代の写真技法である湿板光画で「時を超えた日本」の記録に取り組んでいる。世界経済フォーラム(ダボス会議)で首相官邸の依頼で震災復興写真展を行うなど、国内外で定期的に展示会を開催。 NHK、ナショナル・ジオグラフィック、ニューヨーク・タイムズ、CNN、ル・モンド、テッドトークなど国内外のメディアに広く取り上げられている。著書に『俺たちのニッポン』(小学館)、『日本力』(松岡正剛氏との共著・パルコ出版)、『Japanese Samurai Fashion』 (赤々舎)、『失われゆく日本』(小学館)など。

やっとかめ文化祭実行委員会
〒460-0011 名古屋市中区大須3-42-30 ALA大須ビル201
NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワーク内
Tel:052-262-2580 Fax:052-262-6658
上へ戻る