やっとかめ文化祭

芸どころ まちなか披露

リモートだけど、まちなかロケ!

2 ストリート歌舞伎 大名古屋飛金鯱だいなごやそらとぶきんしゃち〜五右衛門三世見参〜』

オンライン配信

話題のストリート歌舞伎が、本当にみちばたで歌舞伎を披露!ただし無観客、ストリートやスタジオで撮影した特別バージョンでお送りいたします。
名古屋の街並みで繰り広げられる、アクションたっぷりの活劇歌舞伎!かの名古屋城の金のしゃちほこを盗もうという大怪盗、石川五右衛門!…はもうその時には逝去していたが、実はその孫、石川五右衛門三世が狙っていた!五右衛門を出し抜こうという女盗賊、捕まえようとする同心、侍。尾張名古屋の伝統を活かしながら、愉快!痛快!な一幕を、今回はリモートで何度でもお楽しみください。

日 時 10/24(土) 第1話
11/ 1(日) 第2話
11/15(日) 第3話
脚本・演出 西川千雅(日本舞踊西川流四世家元)
出 演 工藤倉鍵(日本舞踊工藤流四世家元)、伊藤みづめ、間瀬礼章、手嶋政夫(RE-act)、特別出演 ナゴヤ座
音 楽 たなかつとむ
ストーリー

慶長17年(1612)、名古屋城の天守にあげられた金のしゃちほこには、慶長小判1万7,975両(純金換算で215.3kg相当)をつぶして使われていました。「天下様でもかなわぬものは、金のしゃちほこ雨ざらし」と里うたでも歌われたと言われる金鯱は尾張名古屋の誇りでした。

しかしこの金鯱、鱗が幾度か盗難にあっています。近いところでは昭和12年、はたまた明治には3度も。江戸時代に大凧に乗った柿木金助が伝説にありますが、まさに慶長17年の金鯱が天守に乗るその時を狙って、大盗賊石川五右衛門三世の予告状が徳川義直のもとに送られたのです!

10月24日(土)13:00〜ライブ配信

11月01日(日)13:00〜ライブ配信

11月15日(日)17:30〜ライブ配信

助成・後援
助成:文化庁、一般財団法人地域創造
後援:名古屋商工会議所、中部経済連合会、中部経済同友会
やっとかめ文化祭実行委員会
〒460-0011 名古屋市中区大須3-42-30 ALA大須ビル201
NPO法人大ナゴヤ・ユニバーシティー・ネットワーク内
Tel:052-262-2580 Fax:052-262-6658
上へ戻る