PAGE TOP

facebook twitter
過去の過去は未来、アナログとデジタルのあいだを豊かに。
納屋橋饅頭が受け継ぐ文化と心

TEXT : 石黒 好美

2018.05.21

「未来に悩んだときは、過去の過去を見つめ直すんです」-「納屋橋饅頭 万松庵」当主の中島康博さんはこう語ります。大須にお店を開いてから100年、万松庵と名古屋のまちの「過去の過去」のお話をお聞きしました。
 

ルーツは納屋橋の渡り初め式

「納屋橋饅頭」の名前の由来は、堀川にかかる納屋橋。明治時代から貿易港となった名古屋港への輸送路として重要な役割を担っていた堀川と、栄にあった県庁と名古屋駅をつなぐメインストリートで、路面電車も通っていた広小路通り。この二つが交差する納屋橋は、豊田佐吉の自動織機や日本陶器(現:ノリタケカンパニーリミテド)の白色磁器など、現在につながる産業が興った時代の「発展する名古屋のシンボル」でした。

大正2年に架け替えられた名古屋市民の誇りの納屋橋は、当時の技術の粋を集めて作られました。流行していたアールヌーボーのデザインを取り入れた欄干は、富山から呼び寄せた職人が実現したもの。美しいアーチは「官営八幡製鉄所」の最新鋭の設備によるものです。

現在の納屋橋(昔の姿をできるだけ残して昭和56年にも架け替えられた。

 

完成した納屋橋の渡り初め式には、「三代の夫婦が揃っている縁起のよい家族」が最初に渡るという習わしがありました。納屋橋のたもとに店を構えていた饅頭屋の「伊勢屋」とうどんの「三輪辨」(現:長命うどん)の二家族が選ばれ、いとう呉服店(現:松坂屋)の音楽隊に導かれて賑やかに6組の夫婦が渡りました。ハイカラな橋と渡り初めを一目見ようと、この日はなんと5万人もの人が集まったそうです。「伊勢屋」はこれを機に「納屋橋饅頭」と改名。渡り初め式の様子は今も万松庵の包装紙を彩っています。

渡り初めを記念して納屋橋饅頭初代当主が作って配布した3つセットの盃

 

この後、納屋橋饅頭に奉公していた中島一一(かずいち)に暖簾分けされ、大正8年に大須に開店したのが「納屋橋饅頭 万松庵」です。現在は気軽なお茶請けとしておなじみの酒まんじゅうですが、当時は蒸したてのまんじゅうをアツアツのまま、店頭で頬張る人が多かったとか。

「現在のファストフードのようなものだったのでしょうね」。

 

高度経済成長とともに育つ

「大須には昔『鈴木屋』という駄菓子屋がありました。子どもの頃にはそこで、よくお好み焼きを食べていましたねえ」。

万松庵の三代目となる中島康博さんは昭和31年生まれ。幼い頃から大須の商店街で育った中島さんは、当時の様子を懐かしく振り返ります。

「お好み焼きや駄菓子だけが目的じゃないんです。『お小遣いであといくつ買えるか』とか『くじ付きの菓子を買ったほうが得かな』とか考えるのが面白いんです。鈴木屋のおばさんに相談すると、ヒントを出して考えさせてくれたり、ズルしようとして厳しく叱られたり。

紙芝居屋もよく来ました。これも紙芝居より、違う学年の子と交流したり、隣の学校の様子を知るのが楽しみでね。紙芝居を見るには水あめを買わなきゃいけない。しかし、うちは和菓子屋だから家に帰ればいくらでも高級な水あめがある。でも紙芝居のためにわざわざ買ってね。(笑)お金や物の大切さ、言葉の使い方、コミュニケーションなど、遊びを通じて本当にたくさんのことを学んでいたんです」。

昭和30年頃の納屋橋饅頭大須万松寺通店(写真提供:中島康博さん)

1 2

石黒 好美

WRITER PROFILE

石黒 好美

NPO・CSR・ソーシャルビジネス・福祉・医療などの分野で書いています。書くことを通じて人と社会のさまざまな構造にはたらきかける「ライティング・ソーシャルワーク」の実現を目指して試行錯誤中。好きな名古屋弁は「ぬくとい」、好きな名古屋めしは味噌煮込みうどんと台湾ラーメン、好きな名古屋のアーティストはTOKONA-Xです。
ブログ「#レコーディングダイエット」