PAGE TOP

facebook twitter
宇宙物理学の佐治晴夫博士がついに面影座にやって来る!!宇宙一受けたい講義をもーやぁこ連載します。

TEXT : 小島 伸吾

2017.10.07

これは2014 年9月23日に開催された第一回番器講『宇宙の渚』佐治晴夫博士の講義録です。秋の黄昏時、小さな珈琲焙煎屋で、たった27人の参加者たちのために佐治博士はゆったりと語りはじめました。

 

1、ぼんやりからすべてがはじまる

私はトワイライトが好きなんですね。ぼんやりしたものが好きなんですね。たとえば、万葉時代などの歌にあるように、恋しい人の実物が見えるよりも、衣擦れの音とか夕闇にまみれてやって来るときのときめきのような、そういうぼんやりしたものが好きなんです。

一七歳のとき、アインシュタインにお会いしたとき、そこでアインシュタインが「日本の文化はぼんやりしているからね」といわれたことを覚えています。それこそ夢かうつつかということで、あまりはっきり覚えていませんけれど、アインシュタインのサインをもらいましたので、たぶん間違いなくお会いしたとおもいます(笑)。

それから、東京大学の大学院のときに、湯川秀樹先生が授業にこられたときのことですが、湯川先生の授業というのは、黒板に丸を描いたり線を描いたりするだけで、これはとても物理の授業なのか哲学の授業なのかわからない授業でした。けれど、やはりそこでも独特の京都という風土の中で、なにかぼんやりとした朧月夜というか、そういうものを感じておりました。

そのうち宇宙のはじまりについて考えるようになりましたが、いつでもついてくるのはこのぼんやりなんですね。とくに量子の世界なんて、まさにぼんやりしているんですね。電子がどこにあるかなんてわからないんですね。ここらあたりに確率的にあるということしかわからない。そこに電子がいたということを観測してしまうと他のぼんやりが消えて、はじめてそこに電子があるということがわかる。そのぼんやりさかげんとつきあってこの年八十になりました。ただ(今日いらしてる)馬場先生の方が年上なのであまり偉そうなこといえませんけど(笑)。

 

2、一枚の紙のなかに雲がみえますか?

まず、ダライラマ法王十四世と二〇一二年に高野山大学百四十五周年記念でお会いしたときのことです。私の弟子に茂木健一郎くんがいるんですが、私よりもずっと頭がよくってね(笑)。その茂木くんとロシアの科学者ナターリヤ・ポリュリャーフと三人でダライラマ法王と話をしてください、ということで招待されました。

そのときに、お昼ごはんを食べていたんです。ダライラマ法王さまは、とても大きな丼ぶりにごはんを山盛りにして食べていらして、たくさん召し上がるなぁとおもっていましたら、ダライラマ法王さまが「わたしは大食いだなとおもっているでしょう」といわれ、続けて「わたしは一日一食しか食べない。だからお昼はたくさん食べるのです。だけど、夕方になるとやはりお腹が減るんですよね。そのときは森永のチョイスを一枚食べるのです。」といわれました。

そんな雑談のあとに、私が法王さまに「一枚の紙の中に雲がみえますか?」と伺いました。それについてです。一枚の紙の中に雲がみえますか?というのは、私がとても尊敬しているベトナムの禅僧ティク・ナット・ハンとお会いしたときに聞いた言葉なのですね。そうしましたらダライラマ一四世は、「これはとても詩的な表現ですね。きっとそうでしょう。」とおっしゃっていました。

つまり、一枚の紙の中に雲がありますか、というのは、詩人のような言い方ですけれど、私のような立場からいうと科学者の見方でもある。紙というのは植物からできているわけですが、その植物というのは、水がないと育ちませんし、その水はだれが供給したかというと、雨の水ですよね。雨の水は雲がないと降りませんので、雲がなくちゃいけない。しかも雲をつくったのは太陽の光ですから、この一枚の紙から雲がみえますか?となるわけです。これは非常に抽象的な意味だけれども、私はこの科学者の視点を宗教家が聞いたときに、どういうふうにお答えになるかに興味があったのですね。

つまり、そこで私がいいたかったことは、ある存在があるときにそれが独立して存在しているのではないということ、一言でいってしまえばそういうことなのです。たとえば、紙が何でできているか?紙は紙です。では答えになりません。紙は紙以外のものから出来ているんですね。

たとえば、水というのは水以外の酸素と水素からできている。そしたら人間って何からできているの?といわれたら人間は人間だよ、という以前に、人間は人間以外のものからできているとなります。たとえば、炭素や水素などいろいろな人間以外からできている。さらにそれを拡大解釈して、人間関係などネットワークも含めて考えると私というのは私自身で存在しているのではなくて、周りの人があって自分が存在できる、ということまでいえるのです。

1 2

小島 伸吾

WRITER PROFILE

小島 伸吾

版画、タブローを中心に、個展、グループ展多数開催。
2002年、イシス編集学校に入門。2003年よりイシス編集学校におけるコーチにあたる師範代を務める。2010年、校長である松岡正剛直伝プログラムである世界読書奥義伝「離」を修める。2003年より岐阜県主催の織部賞に関わる。2006年、エディットクラブ実験店として「ヴァンキコーヒーロースター」開業。2013年、2014年「番器講」企画。2014年、ペーパーオペラ《月と珈琲の物語》製作、公演。2015年、名古屋市の「やっとかめ文化祭」《尾張柳生新陰流と場の思想》企画。2016年、名古屋市の面影座旗揚げ。第一講《円かなる旅人〜円空の来し方。行き方〜》企画。2017年、知多半島春の国際音楽祭参加、ロールムービー《幾千の月》製作、公演。など編集とアートをつなげる活動は多岐にわたる。