PAGE TOP

facebook twitter
宇宙物理学の佐治晴夫博士がついに面影座にやって来る!!第二弾

TEXT : 小島 伸吾

2017.11.01

外はすっかりトワイライト。あちこちに街灯が灯りだしている。
佐治博士の話はいよいよ佳境に入り、高速になってきた。
会場は、異常な熱気を帯びだしている。

 

5、宇宙で一番早いものは何?

そこで、世俗的な解釈と、究極的な解釈と、ふたつあるようにおもうのです。世俗的な解釈というのは、つまり私たちには原子というのは見えませんよね、水がH2Oでできているとは見えないのですよ。見えないけれどもH2Oでできていると知ることができる。これが世俗的な解釈で、見えるものが見えないものに触っているという考えです。

 

たとえれば、水の中にインクを入れます。インクを入れると広がります。これを雛あられにたとえると、赤いあられと白いあられを器に入れてこれを混ぜるにはどうしたらいいか、これを振れば混ざりますよね。小さいものであればあるほどよく混ざります。これが赤と白のテニスボールだったらなかなか混ざらないですよね。つまり、この水に一滴のインクをいれると広がるということから何がわかるかというと、水もインクも小さな粒々からできているということがわかる。これが世俗的な解釈です。

 

水もインクの粒々も早く動いているということがわかる。次は、水というのはどういう粒々なのかというと、水素と酸素の粒々であるかとどうしてわかるかというと、水素を酸素の2倍の体積だけもってくるときれいにそれが水になるという実験結果からH2Oでできているということがわかる。これが科学のおもしろさです。だから、見えるというのは視力で見えるのではなく、頭のなかにある抽象的なものの関係性のなかで見える、と考えるということです。

 

相対性理論とは古典理論なんです。特殊相対性理論ができたのは一九〇五年、一般相対性理論ができたのはその十年後です。相対性理論では光の速さよりも早いものは存在しえないという制限のもとでできていて、その相対性理論によって宇宙はどのようにしてできたのかという説明もでき、またその理論からカーナビなどもできているのです。カーナビは相対性理論をつかった家庭用品です。カーナビは時速四万キロで走っている衛星と自動車を信号でやりとりしますが、時速四万キロで走っていると相対性理論によって時間が遅れますので、その誤差を補正して自動車の位置を特定します。この補正をしないと現在地が百メートル違うわけです。

 

この相対性理論は古典的理論なんです。ここで非常に困ったことがおこったですね。
たとえば、玉突きの球を衝突させますね。衝突させますと、右から左に完全弾性衝突がおこります。玉突きの中に小さな爆薬を入れておいてドンと爆発させたらどういうことがおこるでしょうか。または、球の間にスプリングを置いておいて両側から球を衝突させると同じ速度で離れるはずです。そうすると困ったことがおこるんですね。この片方の球の速度にまったく触れることなくもう片方の球の速度も測れるんです。

 

たとえば、いま太陽がなくなりましたといっても光の速度の8分20秒が経過しないと変化しないのですね。つまり、情報というのは光の速さでしかこないのです。ところが、さっきの玉突き理論があれば、情報が光の速度を超えられるんです。光の速度を超える情報をはこぶもの、これは通常タキオンといわれているんですけれども、これが超越的な解釈になって相対性理論の壁を破ってしまうのです。この破ってしまう現象を含めたうえで、認識とはなにかということをアインシュタインは懸命に考えたけれども、生涯これを解くことはできなかったのです。そのことがタゴールとの対話集のなかに書かれているのです。

 

ですから、見える世界と見えない世界をわれわれ考えるときには、経験的世俗的な解釈、親をみれば子がわかるなどという解釈ですね。この次に論理的解釈がきて、一番最後にくるのが、究極的解釈が、相対性理論の壁を突き破ってしまう超越的解釈です。そうすると、ここに意識とは何かという問題が出てきて、あやしげな科学もうまれてくる。

 

非常におもしろかったのは、北海道の帯広の中学校での授業で「一番早いものは何だろう?」とそこの生徒さんに質問したときに、ある子はロケットだ、ある子は光だよといろいろ議論があって、そしたらあるおとなしそうな女の子が、「わたしのおもいが一番早い」といったんです。これは意表をつかれたとおもいました。それで、どうして?とその子に聞いたら、その子はおばあちゃん子だったのですが、そのおばあちゃんは亡くなっているのだけれど、おばあちゃんのことを考えると、遠い天国に行ってるはずのおばあちゃんがすぐにここにきているような気がする。だからわたしのおもいが一番早い、といわれるんですね。感覚的に非常にするどい子供の感性なんですね。

 

そしたら、その隣にいた男の子が金子みすゞのお母さんと子どものことを詠った詩を思い出して、世の中で一番大きいのはぼくの心だよね、といいました。その詩は「お母さんは大人で大きいけれど、お母さんの心は小さい。だってお母さんは私のことで一杯だから。わたしは子供で体は小さいけれど私の心は大きい、だっていろんな事をおもうから…」これパラドクスですよね。だから、ぼくの心は宇宙よりも大きいとその子はいうのですね。

 

そういうことをいった人はかつていました。パスカルです。パスカルがパンセのなかで人間は考える小さな葦である。人間はかよわいものであるけれど偉大なものである。なぜならば、一瞬のうちに全宇宙におもいをみたすことができるからとかかれていますね。いまの教育では最後まで教えず、ただ「人間は考える葦である」とだけしか教えないところが問題ですね。そこに人間の尊厳を訴えたのがパスカルのすごいところです。

1 2

小島 伸吾

WRITER PROFILE

小島 伸吾

版画、タブローを中心に、個展、グループ展多数開催。
2002年、イシス編集学校に入門。2003年よりイシス編集学校におけるコーチにあたる師範代を務める。2010年、校長である松岡正剛直伝プログラムである世界読書奥義伝「離」を修める。2003年より岐阜県主催の織部賞に関わる。2006年、エディットクラブ実験店として「ヴァンキコーヒーロースター」開業。2013年、2014年「番器講」企画。2014年、ペーパーオペラ《月と珈琲の物語》製作、公演。2015年、名古屋市の「やっとかめ文化祭」《尾張柳生新陰流と場の思想》企画。2016年、名古屋市の面影座旗揚げ。第一講《円かなる旅人〜円空の来し方。行き方〜》企画。2017年、知多半島春の国際音楽祭参加、ロールムービー《幾千の月》製作、公演。など編集とアートをつなげる活動は多岐にわたる。