PAGE TOP

facebook twitter
無数の欠片ひとつひとつに。幾人もの人の想いがこもるモザイク壁画。

TEXT : 谷 亜由子

2018.01.30

2011年の春、一冊の名古屋案内本を出版した。名古屋のまちの「たからもの」たちを拾い集めて、情緒あふれる写真と文章とともに紹介する『なごやのたからもの』。
長く続く老舗や名古屋の誇りともいうべき名物、人物、建築などの魅力を、ひとつずつ丁寧に取材し、一冊の書籍に仕上げていく工程は、決して楽な道のりでは無かったけれど、それぞれの歴史を、また、それを受け継いで来た人々の想いを知るにつけ、私たちのまちの中には、こんなにもたくさんの“たからもの”が散りばめられているのだという発見と感動を、製作に携わった仲間たちとともに味わうことができた、楽しく有意義な日々だったことを思い出す。

当時、取材先とのコーディネートを担っていた私は、著者である甲斐みのりさんに、なごやのたからもののひとつとして、まちのあちこちに存在するパブリックアートを紹介した。
中でも、以前から興味のあったモザイク壁画については、甲斐さんも同様に関心を寄せてくださり、所有する名古屋市営地下鉄や中日ビルなどへも問い合わせ、誰がいつ、どのような機会に製作したものかをうかがった。
当初は担当部署の方でさえ詳しいことがわからず、こちらの問い合わせをきっかけに、改めて古い資料を繙いてくださったりもした。そうしたリサーチの過程で、名古屋市内に点在するモザイク壁画の多くが大垣市出身の洋画家、※矢橋六郎氏の手掛けたものであることを知る。

※ 矢橋六郎(1905〜1988)は、岐阜県不破郡出身の画家で、東京美術学校西洋画科を卒業後、昭和の洋画界の巨匠、梅原龍三郎氏に師事したのち、同世代の画家の仲間らとともに自由美術家協会を設立。実家の家業である矢橋大理石商店で働きながら画業を続け、昭和25年には画家仲間の村井正誠らとモダンアート協会を設立。実家の仕事の影響もあったのであろうか、モザイク作家としても数多くの作品を残している。

 

名古屋市営地下鉄桜通線名古屋駅、ホームを上がった改札内の壁に設置されている壁画も矢橋作品のひとつ。もともとは東山線名古屋駅の改札前、切符売場付近にあったものだが、大ナゴヤビルヂングの建てかえ工事のため移設されたそうだ。
作品に記された年号は昭和42年11月。名古屋市交通局の方の話によれば、昭和32年に名古屋に初めての地下鉄が開通し、その10周年の記念として作成されたものではないか、とのこと。
モチーフには、名古屋城のしゃちほこやテレビ塔、名古屋港など、地下鉄沿線の見どころを象徴するもののほか、地下鉄の掘削工事の様子なども描かれていて、名古屋に暮らす私たちにとっては非常に親しみを感じる楽しい作品だ。
作者の名前や人物像、作品の背景を少し知るだけでも、作品への興味と愛着は一層深まる。
しかし実際のところパブリックアートは、まちの日常風景に溶け込み過ぎていて、普段、その存在をことさら気に留める人はあまりいない。ましてや、それを作った人は誰で、どのような経緯でできたものなのかなど、そこに関心を寄せる人も少ないことだろう。
この壁画が今の場所に移設される前、東山線改札口で30分ほど佇み、歩く人たちの様子を観察してみたことがあるけれど、やはり、ほとんどの人がそこにある壁画に目を留めることはなく、皆、その前をせわしく行き交うだけであった。

それから7年、昨年開催された「やっとかめ文化祭」のまち歩きツアー、森上千穂さんの案内によるモザイク壁画巡りに参加して、あらためて名古屋市内にある貴重な作品の数々をじっくり見学させていただいた。
新栄・CBC社屋の外壁に設置された北川民次の原画によるモザイク壁画を皮切りに、中日ビルの天井画、名古屋中央教会、丸栄百貨店、カゴメ本社ビル、愛知県庁西庁舎まで、2時間半ほどの間に6ヵ所を見て回るという充実の内容。
それぞれの作品の前で、歴史、背景、見どころなどを説明する森上さんは、自身でまとめたというガイド用の資料を手にしているものの、それにはほとんど目をやることなく、自らの言葉で語り、参加者からの質問にもすらすらと答えていく。情報を伝えながら見学者を引率するガイドというよりも、「好き」という純粋な気持ちを原動力に、その魅力を多くの人と共有したいという想いが伝わるような、森上さんのモザイク壁画への愛情をひしひしと感じる良い時間だった。
何十年ものあいだ、まちの風景に溶け込み、わざわざ足をとめて眺める人は少ないと感じていたモザイク壁画だが、それについてここまで深い愛を持って語る森上さんにとても興味が湧き、後日、あらためてお話をうかがった。

1 2

谷 亜由子

WRITER PROFILE

谷 亜由子

放送作家として20年以上にわたり番組制作の現場で活動後、NPO「大ナゴヤ大学」の立ち上げに携わり企画メンバーとして活動。「SOCIAL TOWER PAPER」、「ぶらり港まち新聞」の企画・取材などを担当。地域活性プロジェクトなどの仕事では各地を旅しています。何かの奥に隠れているものを覗くのが好き。蓋のある箱の中身や閉ざされた扉の奥にある空間、カーテンの向こう側の景色が気になります。人の心の奥にある思いや言葉を引き出す取材、インタビューが好きなのもそれと同じなのかもしれません。