PAGE TOP

facebook twitter
江戸の昔から、金鯱の天守の空には凧が似合う。名古屋の和凧を未来へつなげ。

TEXT : 神野 裕美

2017.10.01

ときは1712(正徳2)年。名古屋城天守閣に突如舞い降りたのは大怪盗、柿木金助。金のシャチホコの鱗をすばやく奪い取ると、大凧に乗ってみるみる空の彼方に消えていった。天下を騒がせた金シャチ盗難事件は、歌舞伎狂言作者・初代並木五瓶の「傾城黄金鯱(けいせいこがねのしゃちほこ)」に描かれ、1783(天明3)年に大坂で上演される。この物語は庶民の人気を博し、今日まで歌舞伎や芝居の恰好の材料となってきた。一方で、城の宝を盗まれた名古屋城下では、大凧揚げが禁止され、300年を過ぎた今でも大凧はつくられていない…。

そんな伝説が愛知県のホームページに記載されるほど、名古屋は和凧づくりが盛んな地域だった。実は現在も一大生産地であることを、地元でも知らない人が多いのではないだろうか。名古屋市西区。かつて信長、秀吉、家康が戦いに勝って凱旋したという美濃路沿いには、そんな和凧づくりの伝統を守り続ける老舗がある。

 

■江戸末期創業、名古屋城下の和凧の老舗
江戸末期の創業の凧茂本店。名古屋城下で代々凧づくりを家業としてきた。「そもそも日本に中国から凧が伝わったのは、奈良もしくは平安の頃。当初は戦いの際、狼煙がわりに自分の居場所を味方に知らせるために用いたとされています」と教えてくれたのは、5代目の山田民雄さん。やがて、凧は貴族や武士の遊び道具となり、江戸時代には庶民の間でも凧揚げが大流行した。その様子は葛飾北斎や歌川広重らの浮世絵にも描かれている。
初代がなぜ凧づくりを始めたのかは定かではないが、と山田さんは前置きしつつ「城下町ですので、お殿様や武家の需要に応えるためだったのかもしれません。障子なのか傘なのか、張りの仕事をしていたのでしょう。名古屋扇子の店も近く、界隈に職人が集まっていたのだと思います」

■地域と結びついた凧づくり
歌舞伎絵や武者絵の角凧、奴凧や字凧など、凧の形や絵柄はさまざまだ。「源義経や上杉謙信、虎退治の加藤清正など庶民憧れの武者が伝統的な絵柄です。全国各地に特徴のある凧が伝えられていますが、名古屋凧と言えば、扇凧や福助凧、虻凧。ほかに蝶凧や蜂凧、天神凧、とび凧もあります。揚げたときにブンブンとうなる虻凧は、つくるのに手間がかかり、今や本当に貴重な品です」

それにしても、なぜ名古屋で和凧づくりが盛んになったのだろうか。山田さんは、和紙など凧の材料を手に入れやすかった地の利のおかげ、という。「中部地方は山岳地帯で、木曽三川をはじめ清流に恵まれています。和紙づくりに欠かせない楮(こうぞ)や三椏(みつまた)、水が身近にあり、美濃の和紙は幕府・尾張藩御用紙となるなど発展しました。私どもの店の前を走るのは、東海道の宮宿と中山道の垂井宿を結ぶ美濃路。上質な手すきの美濃和紙を手に入れやすい土地であったことが、和凧づくりを支えたのでしょうね」

1 2

神野 裕美

WRITER PROFILE

神野 裕美

1998年よりフリーのコピーライターとして活動。2010年、クリエイティブディレクターとともに株式会社SOZOS(ソーゾーヅ)設立。新聞、ポスター、パンフレット、Webといった各種コミュニケーションツールの企画立案・制作、ロゴ制作、ネーミングなどを手掛けている。最近はまちづくり支援の仕事も多く、なごやのまちを盛り上げるべく、多角的な視点からなごやの魅力を再発掘中。インフォグラフィックでなごやめしの紹介も。
JAPAGRA