PAGE TOP

facebook twitter
香りを聞くということは、 せつなくてたまらない、 ということかもしれない。

TEXT : 近藤マリコ

2017.09.02

ちょっと古い話だけど、寺尾聰が「ルビーの指輪」(作詞:松本隆 作曲:寺尾聰)で、「街でベージュのコートを見かけると指にルビーのリングを探すのさ、あなたを失ってから」と、別れた女性への恋慕を唄っている。かつて好きだった人の思い出を、街で偶然見つけてしまった時のせつない気持ちは、誰しも経験があるだろう。
宝箱にしまっておきたいような大切な思い出を蘇らせるのに、五感の中で圧倒的に多いのは、臭覚ではないだろうか。視覚や触覚でも思い出すことはあるが、聞いた話によると臭覚だけが大脳と直結しているのだとか。
実は筆者にも今となってははずかしいような、大脳と臭覚が直結した実体験がある。昔好きだった人が纏っていたのはイヴサンローランの「ジャズ」というフレグランスだった。その人と別れてからずいぶん経った頃に、仕事でご一緒した男性が、そのフレグランスを使っていたため、初めて会った人なのに妙な親近感を持ってしまったことがある。それからしばらくその香りが忘れられなくなって、ネットで「ジャズ」を購入して時々身につけていたのだけど、いつの間にか「ジャズ」の小瓶はどこかにやってしまった。捨てた記憶も使い切った記憶もないので、もしかするとしまいこんだ箱からいつか見つかるかもしれない。そうしたらまたあの人のことを思い出すことになるのだろうか。

さて、やっと本題。大脳に直結する香りを、芸道へと昇華させたのが、香道である。日本の伝統文化の三大道(茶道・華道・香道)のひとつだ。茶道や華道と違って流派も教室も少ないため、香道の世界は入り口こそ狭い。が、その奥は深く長く永遠に続く、終わりなき道なのである。
香道の発祥は室町時代で、主な2つの流派は、志野流と御家流。大まかに言えば、武家の流派が志野流で、公家の流派が御家流。志野流香道は志野宗信を流祖に仰ぎ、現家元である蜂谷宗玄氏で二十世を数える。志野流十五世である蜂谷宗意は、幕末の動乱による戦禍を逃れ、京都より名古屋に移り住み、香席「松隠軒」を創設した。以来、現代に至るまで志野流のお家元は名古屋を拠点にされている。

1 2

近藤マリコ

WRITER PROFILE

近藤 マリコ

コピーライター、プランナー、コラムニスト。
得意分野は、日本の伝統工芸・着物・歌舞伎や日舞などの伝統芸能、工芸・建築・食など職人の世界観、現代アートや芸術全般、食事やワインなど食文化、スローライフなど生活文化やライフスタイル全般、フランスを中心としたヨーロッパの生活文化、日仏文化比較、西ヨーロッパ紀行など。飲食店プロデュース、食に関する商品やイベントのプロデュース、和洋の文化をコラボさせる企画なども手掛ける。