まちなか 寺子屋

いつもの街から、世界を眺めてみる。
まちを教科書に、ゆかりの場所を学校に、
一期一会の物語に出会う「ナゴヤ学」を開講します。
まちに眠る小さな物語は、世界への入口。
過去から現在、そして未来へ。
1
瓦にみる名古屋の歴史
前へ戻る


寺子屋コーディネーター
やっとかめ大使
脇田佑希子さん

Pコード:636-720

古代より寺院や城郭などの建築に用いられてきた瓦。屋根を守り,飾り,人びとのくらしを見守ってきたその建材は,歴史の鏡ともいえる存在です。尾張名古屋ではどのように瓦がつくられ,使われてきたのか。名古屋のまちの成り立ちを瓦から眺めてみませんか。

日 時 10/28(土)
14:00~15:30
場 所 西蓮寺(名古屋市千種区姫池通1-28-1)
アクセス 地下鉄東山線「覚王山」駅徒歩12分
料 金 500円
定 員 40名
講 師 梶原義実(名古屋大学大学院人文学研究科准教授)
チケットお申込み

チケット取扱いチケット9月6日 (水) 発売

  • オープニング
  • 旅する判子コレクション
  • 名古屋てくてく和菓子めぐり
  • 特別企画
  • しゃちほこチャレンジプロジェクト
  • やっとかめ大使募集!
  • 面影座